« 人への風評被害は人権侵害、法務省が緊急声明 | トップページ

2011年4月22日 (金)

原発作業員襲う4重のストレス…過酷な環境、鬱などリスク

福島第1、第2原発の東京電力社員約90人を16~19日に現地で診察した愛媛大医学部教授の谷川武医師(49)=公衆衛生学=が取材に応じ、「不眠を訴える人も多く、このままでは鬱病(うつびょう)や過労死のリスクがいっそう高まる」と指摘、入浴や食事の環境を整え、休息が取れるよう配慮すべきだと訴えた。

■ 4重のストレス

「危険な作業」「被災者」「肉親や友人の死」「加害者」の4重のストレスを感じている人もおり、早急に精神的ケアが必要な状態だという。

谷川医師は1991(平成3)年から福島第1、第2原発の非常勤産業医。16日から4日間にわたり、第2原発の免震重要棟に寝泊まりしながら診察した。

谷川医師によると、中には24時間態勢で作業に従事し、一時、外出を禁止されていた人もいた。最初は1日1食、現在は3食になったが、缶詰やレトルト食品が中心の偏った食事だという。

第1原発で作業を終えた人は除染し、第2原発の敷地内にある500人収容の体育館で雑魚寝。畳を敷き詰め、その上に防寒シートを敷き、毛布と寝袋にくるまる。幹部以外は「4勤2休」のシフトで、4日間は入浴できない。

谷川医師は「通気性のない防護服は大量の汗をかく。疲れも取れず、さまざまな病気や皮膚疾患になりやすいだけでなく、作業ミスも生みかねない」と懸念する。

約30人を問診したところ、危険な作業の重圧に加えて、「家族に『行かないで』と言われながら仕事に行っている」「家を失い、休日は避難所で生活しているが、住民から厳しい視線にさらされている」-など強いストレスがうかがわれたという。

谷川医師は「現場社員の8割以上が原発20キロ圏内に住まいがあり、中には家族を失った人もいる。一方で『加害会社に勤めている』との負い目を抱え、声を上げられていない」としている。

ご冥福お祈りします。

起きてしまったこと仕方ないと思います。それに加害会社に勤めていたからといって負い目を感じることはないです。

今危険な作業をしてくるていることに我々日本人全員が感謝しております。

ストレスを感じて限界まで来ましたら、医師の人に相談や診断をしてもらって下さい。

1番大切なのは貴方様の命です。

日本にいる方々のために危険な作業を行ってくれまして、本当にありがとうございます。

【復興募金サイトはこちらです】
(日本語)Japan Fundraising campaign | 救援募金のお願い
(英語版)Japan Fundraising campaign | 救援募金のお願い
銀行振り込み、海外送金、クレジットカードによる募金が可能です。
日本赤十字社に申請し、許可を頂きまして活動しています。



★アメブロでも募金活動に関するブログを行っています
長嶺光高のブログ 復興募金活動
★FC2ブログでも募金活動に関するブログを行っています
東北地方太平洋沖地震 復興募金開始
★はてなダイヤリーでも募金活動に関するブログを行っています
東北地方太平洋沖地震 - 復興募金を開始しました -
★ライブドアブログでも募金活動に関するブログを行っています
長嶺光高のブログ 復興募金活動
★ヤプログでも募金活動に関するブログを行っています
長嶺光高のブログ 募金活動 ~ 今自分にできること ~


ご協力下さい
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!

ブログランキング
個人のページランキング
インフォブログランキング
有名ブログランキング
相互リンクとランキングプラス
リンクリックブログランキング

« 人への風評被害は人権侵害、法務省が緊急声明 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1487700/39710338

この記事へのトラックバック一覧です: 原発作業員襲う4重のストレス…過酷な環境、鬱などリスク:

« 人への風評被害は人権侵害、法務省が緊急声明 | トップページ